DJI Phantom2の機体を塗装した

DJI Phantom2の白い機体は実に塗装したくなる。

ということで赤をベースに黒でアクセントをつけて塗装しました。塗料は自動車用のスプレー缶です。1本あれば充分足ります。塗料で重くなるので最低限の重ね塗りにしています。元々が白なのでプラサフも使用しませんでした。

塗装の時はすべての部品を外しました。塗装後、組み上げたらキャリブレーションを行いました。これをやっておかないとモーターやコンパスのズレでセンサーがきちんと働かなくなります。

DJI Phantom2_internal

プロペラはマジックの黒で塗ってます。塗料だと重くなりそうなのと重要部品なのでバランスが悪くなっては危険だし、消耗品でもあるので高価な塗料を使ってももったいないしといった具合です。試験的にやってみただけで、本来は塗らないほうが良いでしょう。

引き締まった印象に変わりましたね。足の部分を黒にしました。色を変えることで機体がよりハッキリ浮かび上がります。

DJI Phantom2_red

バッテリーは出ている部分だけ黒で塗りました。ランプ部分は塗らないようマスキングテープを貼ってカッターで余分な部分を切り除いておきました。機体と同じ赤でも良かったのですがランプ点灯がハッキリしないだろうなと思い黒にしました。

DJI Phantom2_red_back

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中