墜落、急降下の原因はプロペラにあり。

悪天候が続いていたので、春になっても中々飛ばす機会に恵まれませんでした。機体が不安定だったまま原因追及出来ていなかったので恐る恐る飛ばしました。しかし、上昇しない、急に降下するなど、やはり調子が悪く早々に止めました。

日を改めてテスト飛行をしました。前回の飛行で出力に問題がありそうだと見当を付けました。モーターかプロペラか?そこで新品のプロペラで飛ばしてみました。お!問題なさそう。で、前回使用したプロペラに戻すと不安定になりました。目線くらいの低空で音を聞いてみるとブレている様なノイズの多い音がしました。機体も細かく位置を修正する様な動きになった挙句に下降してしまいます。

結論はプロペラの問題という事になりました。目立った損傷は無いのですがダメな様です。目視だけでなく音も聞いて判断する事を学びました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中